★データ解析備忘録★

ゆる〜い技術メモ

WindowsのPython3.5でlxmlを入れようとしたら詰んだ

Webスクレイピングなどで使われるlxmlパッケージですが、WindowsのPython3.5で導入にてこずりました。 pip install lxml でいけるかなあと思ったのですが、普通にエラーになりました。

SASの中でRからSASにデータを渡す

R SAS

前回の記事でSAS/STATでもRを使えることを書きました。 y-mattu.hatenablog.com今回はSAS上で動かしたRのデータをSASに渡す方法です。簡単です。 /*proc iml内でendsubmit;した後に*/ run ImportDataSetFromR("work.A","B"); /*Aは後でSASデータとして使いた…

SAS/STATでもPROC IMLしてRを使う

前回の記事でSAS/IML StudioでRを走らせる方法を書きました。 y-mattu.hatenablog.comで、その最後にSAS/STATでproc imlの中でRを使う方法を書いている方がいたのでそれを紹介しました。SAS上でRを走らせよう SAS/IML | うずまき(4th Gen) | Jun-Systemsその…

SAS/IML StudioでRを使う

SAS R

自然言語処理をやるとき、僕はSAS/Minerを使える環境にないのでなんとかならないかなあと思っていたのですが、 SAS/IML Studio *1 を使うとSAS上でRを動かせるそうです。 ということでやってみます。 support.sas.com 手始めということでMeCabで簡単な形態素…

rstanで個人のパラメーターを推定した話(JapanR2015のLT補足)

昨年の12/5に開催されたJapanRでLTをしました。 rstanで個人のパラメーターを推定した話 from Yuya Matsumura www.slideshare.net 5分しかなかったのであんまりちゃんと説明できなかったのですが要約すると以下のような感じです。 rstanで階層ベイズモデルを…

RとPythonでMeCabを使う環境構築(Windows, Mac)

自然言語処理まわりはずっとRでやっていたのですがそろそろPythonでもやろうと思い環境構築をまとめてみます。 ついでなのでRのほうもまとめてみます。 PythonについてはWindowsとMacで違うので一応そちらも触れたいと思います。Windows10とYosemiteです。 …

LaTeXで\appendix以降のセクション名を「付録」以外の「補遺」とかにする

appendixの後で定義しなおしてやればOK \documentclass[11pt,a4paper]{bxjsarticle} \begin{document} \appendix \def\thesection{補遺\Alph{section}} \section{hoge} \end{document}

LaTeXの数式内で筆記体と花文字を使う

数式の中で筆記体を使いたいとき。数学のデータ集合とか物理のハミルトニアンとかで花文字を使いたいとき。 花文字のときはmathrsfsパッケージが必要。TeX Liveならデフォルトで入ってます。 %数式内 \mathcal{ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ} 出力 花文字 %プ…

Windows10にSAS University Edition を導入してみた -無料でSASを使う-

僕が通う大学ではそもそも無料で製品版SASをインストール&使用できるのですが、ノートパソコンにしか入れられません。ですが、家で作業するときは普通デスクトップでやるのでデスクトップにSASを入れたい!ってことでSAS University Editionを導入します。 …

LaTeXのhyperrefパッケージを使う際、\sectionとかに数式が入っていたときの注意

目次などにハイパーリンクを張りたいときhyperrefパッケージが使えるのですが、hyperref.styはほかのいろんな.styを書き換えてしまう曲者です。 統計学などの論文だと、セクションに「回帰係数についての考察」とか書きたいときがありますが、このとき普通に…