★データ解析備忘録★

ゆる〜い技術メモ

Rのdplyr::renameとSASのDATA STEP のRENAMEステートメントでは変数の書く順番が違うので注意

タイトル通りです。 SASとRと両方使う人でないと特に意識する場面はないと思いますが、どちらも記法が酷似しているので両方使う人は気をつけてないとミスります。

Rのdplyr::rename

dplyr::rename(新しい変数名=古い変数名) です。

続きを読む

SASで緯度経度から国名を求める

とりあえず備忘録的にコードと出力だけ。

細かいプロシージャの仕様は後ほど追記します。

コードと出力

f:id:songcunyouzai:20170528011345p:plain

RStudio Server + tidyverse + RMeCab で日本語もOKなDockerイメージを作りました

はじめに

RStudio Server の Docker イメージを作りました。入っているメインコンテンツは、tidyverse なパッケージ群、MeCab および {RMeCab}パッケージ、LaTeX環境 です。また、ggplot2 などでの日本語プロットも文字化けしないようにIPAexフォントを入れています。

RStudio Server の構築手順

Docker をインストール

OS によって変わってくるので、各自検索してください。自分は Mac で boot2docker を使っています。この環境の場合、こちらなどが参考になります。以下、Docker がインストールされていて docker コマンドが使えることを前提とします。

続きを読む

tidyverseの正式登場でDockerまわり(rocker)もいろいろ変わってた

はじめに

データ分析では再現性が大切です。しかし、同じコードとデータを使っていても実行環境の違い(OS, ソフトやパッケージのバージョンなど)によって結果が異なることがあります。複数の場所で同じ環境をそろえるための手段の一つとして、はオープンソースコンテナー管理ソフトウェアであるDockerを使うことが考えられます。Dockerのデータ分析での活用については以下の記事が詳しいです。

qiita.com

tidyverseの登場とDockerまわりの変化

さて、昨年のRStudio ver1.0 のリリースとほぼ同時期にtidyverseが登場し、RStudio Server のDockerイメージを提供しているrockerでのコンテナの種類も変わっていたようです。 それまではhadleyverse*1(便利なパッケージ群)とLaTeX環境が入った rocke/hadleyverse がメイン だったのが、現在は追加されるパッケージやソフトに合わせて以下の4つになっています。

rocker/hadleyverseも生きてはいますが、Docker Hub の冒頭に「これじゃなくて代わりにtidyverse使えよ」って書いてあります。

別にhadleyverseを使ったからと言って何か不都合があるわけではないのですが、RStudio Server の環境構築にDockerを使う場合や自分でDockerイメージを作る場合は頭の片隅に入れておくと良さそうです、&tidyverse周りはまだこれからも変わる(とHadley Wickhamが仄めかしている)可能性が高いので、Rのパッケージと同時にDockerまわりも注視していきたいです。

2016 年を雑に振り返る

年の瀬ですので、2016 年を簡単に振り返りたいと思います。 プライベートのことをここで言ってもしょうがないので、それ以外のことで。 あとリンクばっかりです。すいません笑

ブログを始めました

1 月このブログを開設しました。 自己紹介的な記事が全くなかったのでこの場でちょこっと説明しますと、 2015 年にゼミに入り、プログラミングにしても統計学機械学習の理論にしても学ぶ量が急激に増え、1 ヶ月前に勉強したことなどをよく忘れるようになってしまいました。特にデータの前処理のためにちょこっと書いたものに我流の工夫があるときや、Python などの最初の環境構築など、あとで見返しても何をやっているのか分からないことが頻繁に起こるようになりました。 これじゃいかんということで、ちょっとした解説を入れたコードなどを保存する場所としてこのブログを始めました。

続きを読む